キリンホームタップのイベントに参加してみた|美味しい注ぎ方や価格・コスパについて

どうも、ビール大好きシンイチです。

 

このたび、キリンホームタップの体験会に参加してきました。

 

お話を聞いたのは、キリンビールに2006年入社の上田芳治(うえだよしはる)さんです。

 

キリンホームタップの開発秘話から正しい注ぎ方などについて、じきじきにお話しいただく大変貴重な機会でした。

 

そもそもキリンホームタップとは、『自宅でも出来たての美味しいビールを飲んでもらいたい』という想いから開発されました。

 

最初に、ホームタップの開発ストーリーを上田さんが教えてくれました。

 

キリンホームタップの開発ストーリー


先ず、キリンビールに入社すると、工場に配属されて『物造りの精神』とか『品質へのこだわり』とかを学び、そこでビールへの愛情を培っていくそうです。

 

そのときに、ビールの品質をチェックするために製造の過程の中で、タンクからビールを少し出して試飲する場所があり、そこで飲むビールは本当に美味しいんだそうです!

 

まさにビールは出来たてが美味しいと言われるが、缶とか瓶とか業務用の樽に入れる前の完成する前のビールなだけあって、本当に美味しくてこれこそ一番お客さんに伝えたい美味しさだなとキリンビールの社員一同実感しているそうです。

 

そんな出来たのおいしさを、いかにお客様に届けられるかといったことからキリンホームタップの開発が始まったそうです。

 

コンセプト

キリンホームタップのコンセプトは

 

NEW BEER EXPERIENCE AT HOME
”ビールの新たなステージが、あなたの家に。”

 

何が言いたいかというと、『家で飲むビールの体験を新しくしたい』ということがホームタップのコンセプトで、食卓を囲む時間を特別なものにしたい。
ということを掲げてるそうです。

 

タンクtoグラス

 

醸造家だけが知っていた作りたての美味しさをそのま自宅まで届けるためにはどうしたらいいのか研究し、専用サーバーや容器の開発が進められました。

 

実は、キリンホームタップのサービスは2017年末から1年ほど新規の会員募集を止めていたそうです。

 

なぜかというと、お客様の声として、レバーを手前に倒すとビールが出て奥に押すと泡が出る仕組みになってるんですが、、普通に注いでも泡だらけになってしまうという声が結構あったそうです。

 

ただキリンビールの人がやるとそうはならない。

 

しかし、真実はお客様にあるのでキリンビールの社員がご自宅に行っていろいろとお伺いすると、お客様によってキャップの閉め方とか力強さが違うので、弱くしまってたりるすと泡が多くなってしまう。

 

それは、けして不具合ではなかったが、より我々が掲げるタンクtoグラスを新たなビールの体験をしてもらうということにあたっては改良しようと重ねて、それが2019年の年初ようやく整ったので新規募集を再開しました。

 

タンクtoグラスを実現するための3つのこだわり

 

キリンホームタップは感動の生ビールを体験するために3つのこだわりがあります。

 

ビール

工場作り立ての通常の一番搾りではなく、一部飲食店やギフトで扱っている一番搾りの最上位ブランドのプレミアムを基本プランに用意。

 

デリバリー

容器は缶ではなくペットボトル。
ビールは酸素とか光(蛍光灯の下とかに置いておくと)劣化するため、特殊なコーティングを施した専用のペットボトルに詰めてお届け。

 

ビールサーバー

誰でも簡単に注げることを目指して開発した専用サーバー。

 

シルキーでクリーミーな泡付けもレバーを押すだけで簡単に作れます。

 

保冷機能付きでいつでもキンキンに冷えたビールが愉しめます。

 

 

 

 

 

 


キリンホームタップを体験

いよいよキリンホームタップを実際に試すことができました。

 

美味しく注ぐ方法を教えていただいたのは、キリンビールの松井さんです。

 

キリンホームタップの仕組みは、タップ(レバー)を前に倒すとビール(液体)がが出てきて、奥に押すときめ細かい泡が出る設計になっています。

 

美味しく注ぐコツ

グラスを少し傾けるのがポイント!

 

タップ(レバー)を倒すときはぐっと力を入れて前に倒す。

 

7割ぐらいまで注いだらグラスを平行にして泡を注ぐ。

 

 

実際に僕もキリンホームタップを体験してみました。

 

 

操作は本当に簡単で、美味しいと言われるビールと泡の比率が7:3の黄金比が誰でもできると思いました。

 

 

一番搾りプレミアムは美味しい!

実際に飲んでみると、これが本当にウマい!

 

普通の一番搾りは飲んだことがあるけれど、プレミアムは初めてでした。

 

香りが豊で泡は本当にクリーミーで美味しいです。

 

これが、家で飲めるなら最高です!

 

飲む前はそこまで期待していなかったけど間違いでした。

 

 

価格について

キリンホームタップのビールサーバーはレンタルになっています。

 

料金プランは2種類で月2セット(4本)届くプラントと月4セット(8本)届くプランがあります。

 

どちらも基本料金2900円(税抜)がかかり、毎月2回届きます。

 

月2セット4リットル(4本)コース

月額基本料金 毎月2回のビールのお届け 合計

2900円(税抜)

ビール1リットル×2本×月2回

4600円(税抜)

7500円

 

月4セット8リットル(8本)コース

月額基本料金 毎月2回のビールのお届け 合計

2900円(税抜)

ビール1リットル×4本×月2回

8400円(税抜)

11300円(税抜)

 


一番搾りプレミアムのペットボトル

 


この箱に2本入って配送されます。

 

お届けサイクルが選べる

毎回4本届くのは多いという場合、予定に合わせて柔軟な注文変更可能です。

 

例えば週末に友達が遊びに来るから追加して注文してみたり、もしくは長期で不在の場合この回は2本消費できないときはスキップすることも可能です。

 

基本サイクルは申し込み時に決めます。

 

月2回のお届けを、第2土曜日第4土曜日と決めた場合、今度の土曜日は外出するので、ちょっと受け取れないなぁというときは、4日前までに変更すれば違う日に受け取ることができます。

 

 

キリンホームタップのコスパ

家で美味しい生ビールが飲めるといっても、コスパが気になりますよね。

 

一番搾りプレミアムは一部の店舗かギフトでしか飲むことができないので、酒屋やスーパー、コンビニでは買うことができません。

 

ちなみに、Amazonで調べると12本入り(350ml)が2733円で販売されてます。

 

1本あたり228円です。

 

キリンホームタップは4リットル7500円なので500mlに換算すると、500mlあたり937円になります。

 

普通の500ml缶に比べたらかなり割高になりますね。

 

しかし、送料無料で配達しくれたり、美味しいビールが飲めます!
※毎月2回のお届け予定日以外の日程でのご注文には、別途送料(税込550円)がかかります。

 

外で飲むと遅くまで飲んで終電が無くなりタクシーで帰らなければいけなくなったりと出費がかさむ場合もあります。

 

また、家族みんなで楽しめたりホームパーティーが出来ることを考えるとそれほどコスパは悪くないと思いました。

 

家で本当に美味しいビールを飲みたい方に、キリンホームタップはおすすめです。

 

 

 

サーバーについて

キリンホームタップは炊飯器のようなデザインです。

 

ビールサーバーのイメージと言えば、居酒屋さんとかお店に置いてあるステンレスのイメージですが、キリンホームタップはごつごつしてなく白くて丸っこいデザインです。

 

このデザインには意図があり、コンセプトにある「おうちの中のビール体験」を家の中に置いたときに馴染むデザインにしているからです。

 

白にすることで、どんなインテリアにもなじむということと、それほど大きくないコンパクトなサイズ。

 

家の中ということを考えたときに、タップのところ(レバー)が本物の木になってるので、おうちに馴染むだろうということで、木のタップを使用したそうです。

 

操作は簡単


ビールのペットボトルをセッティングするのも簡単!

 

ストローとビールを抽出するキャップをつけるんですが、その辺も簡単に作ってあるので誰でも簡単に操作ができます。

 

 

 

お手入れも簡単でビアラインのキャップに水を通すだけなので、飲食店みたいに毎日水を通して洗浄することはありません。

 

ビアラインキャップチューブや、ビアラインストロー、炭酸ガスカートリッジはビールの注文12セット毎に送られてくるので、こちらから注文する必要はありません。

 

 

 

 

 

 

申し込み方法

現在、サービス本契約の案内は、プレ会員登録をしてから順番に案内が来ます。

 

〈お申し込みの流れ〉
1、プレ会員登録
2、本会員登録フォームを別途メールにてご案内
3、毎月16日〜翌月15日までに本会員のご登録をすることで、翌月1日よりサービス開始
※応募状況によって、「本登録フォーム」のご案内時期が遅れる可能性がございます。予めご了承ください。

 

下記のリンクから申し込めます。
↓↓
>>お申込みはこちら

キリンホームタップのまとめ

このたび、キリンホームタップのイベントに参加しましたが、予想以上の美味しさでした。

 

キリンビールが「出来立てビールを家でも飲んでもらいたい」という情熱を感じました。

 

みなさんもぜひ、このキリンホームタップの美味しさを体験してみてください。

 

【300×250】キリンホームタップ

TOPへ